夢速攻叶う!笑

教わりたい、作りたいって
思ったら速攻夢叶ったw

まさに
竹小舞知りたい、土壁しりたいって
思ってたら

昨日、公園寄ってから
帰ろうとしたら

たまたま
草刈り中の皆さんに遭遇
丁度明日竹切るところからやるよ‥‥と

えっ行きます!!笑

今日はまず
竹を切る!ってことがメインのようで

切り方自体も実際やってみるのでは
大違い!
切り方一個にしても
枝打ちしても
本当勉強になった

そしてめちゃ楽しい‥‥‥
あーーー楽しい 

特にてっちゃん‥‥‥
たぶんやめーーー!休憩ー!
って言わないと
永遠にやってそう‥

昔はやっぱり
旧暦&月でいつ切るかを決めていたみたいで

新月の闇夜の頃に切れ
と言われてたそうで

その時に切って使った竹は何百年たってに
カビたりしないが
それ以外だとカビがでていたそう

昔といえども
江戸も中期以降に建てられたものをみると
カビてるものも多く見えるみたいで
きっと現代と同じで
季節関係なく、どんどん建てろーーーっていう
暮らしに変わっていった頃なのではないかとのこと

いつも思うけど
昔って
今の科学とかをもって
わざわざ解明とか証明してるようなことを
もうすでに当たり前のように知ってやってるの
本当すごいと思う

そして今それを習えるのも
本当ありがたいなーと思う

3年目の竹がベストで
孟宗竹でなく真竹がよい

土壁は粘土質が強い/しっかり固まるなら中の
小舞は結構雑でも大丈夫らしい
現に関西は粘土質強めだからプロの職人も結構雑だったとのこと

逆に弱めなら構造でしっかり補う

&地盤しっかりさせる

ここの土壁はあまり粘土はなかった
それでももっているのだから
作れないわけではない

その土地、その場所で合うやり方、方法を考えて
やってきた歴史がある
わざわざ遠くから良質なものを揃える必要はない

6cmの厚みがあれば充分

取りあえず私の頭で
理解できたこと↑笑

今日のことば

伝統工芸から未来をみる

じーんっときます😭

竹小舞なんて
言葉も存在も私本当最近まで
全然しらなかったのです‥
読み方もよくわからんかった

だけど
今少しでも触れ始めれたことに感謝

木原家日記では、読者登録して頂いた方にブログの更新通知に加え、百姓になる方法やイベント情報、ブログには書いていない事など様々な情報を無料で配信しています!

 

私たち自身も、どんな生き方があるのか模索中!
一緒に探していきましょう!

 

ぜひ興味のある方は、下のフォームから是非読者登録して下さいね♪

 

百姓ちかてつメルマガ

土地探し
chikaをフォローする
木原家日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました