見える妖精。

長南町

柿。

96歳のSさんが、
登ってとった柿。

脚が痛いといっていた。
いつもは杖をついていらっしゃる。
なのに

いきなり
木に登りだした。
驚いた。ヒヤヒヤした。

けど、降りてきてーと叫ぶ私に
俺、木登り得意だから。と

心は行動に表れる。 
誰かの為にと思う時の瞬間的で爆発的な
パワーとは何なんだろう。

ゆっくり降りてきて
ほれこれ持って帰りな。と

薄暗い夕方の時間。
泣けた。
ありがとう。

また柿とりにおいでと、
車がでるまで
見送ってくれるSさん。

多分この町には
見えるタイプの妖精が沢山いる。

皆ずーーーーーーっと、いてくれたらいいのにな。と思う。

木原家日記では、読者登録して頂いた方にブログの更新通知に加え、百姓になる方法やイベント情報、ブログには書いていない事など様々な情報を無料で配信しています!

 

私たち自身も、どんな生き方があるのか模索中!
一緒に探していきましょう!

 

ぜひ興味のある方は、下のフォームから是非読者登録して下さいね♪

 

百姓ちかてつメルマガ

長南町
chikaをフォローする
木原家日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました