イノシシを捌きながら思う事

わな猟

綺麗に捌くということは

生命に対しての

経緯の

表し方の1つであると

心底感じております。

様々な生命を
身体に取り込ませて頂きながら

私達は

生かせてもらっているんだと
いう実感に

理屈抜きで感じるわけで

それは
このお肉達に限らず

今日人生で初めて捌いたという
15歳男子

頭が先行する
大人のあーやら、こーやらの
こうした方が良いなどの言葉よりも

実際に手を使い、見せてくれ

ここを、こう切ってみな

うん、とりあえずやってみな

こうかな?どうかな?

おーいいじぁねぇか👍

という言葉の空気感のある風景に

私もニマニマしてました。

一口食べる瞬間、あのイノシシやアナグマ達の顔が思い浮かぶのです。

とても皆可愛い顔をしています。
めっちゃ良い顔なんです。

私達は
色んな感情を言葉に乗せて
表すわけですが

もうその感謝は
言葉には乗せきれないから

とにかく
“有難う”

しか
でてこない

木原家日記では、読者登録して頂いた方にブログの更新通知に加え、百姓になる方法やイベント情報、ブログには書いていない事など様々な情報を無料で配信しています!

 

私たち自身も、どんな生き方があるのか模索中!
一緒に探していきましょう!

 

ぜひ興味のある方は、下のフォームから是非読者登録して下さいね♪

 

百姓ちかてつメルマガ

わな猟
chikaをフォローする
木原家日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました